<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

f0368718_17591100.jpg



野原でうさぎに出会いました。
かわいい^^
なごみました。ありがとう〜







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-31 00:00 | いきもの
f0368718_18364616.jpg


写真熱中人 田村やすこさんとの 
再会は3年前
写真展 Momentary Yasuko Tamura 山鬼文庫にてででした。



どなたが撮ったか何も知らず
ただDMの写真に惹かれて
ギャラリーを訪れました。

展示された写真たちは、
今まで見てきた
町家のモノクロ写真と
全然違う!
なんだか とてもカッコイイ…



衝撃と心地いい満足感で階段を降りてゆくと、
そこにはご本人が。

お話していくと、
「 あれ?!会ったことあるよね。」とやすこさん。



f0368718_18365336.jpg


そう、
出会いは15年前 
私の写真展に 
やすこさんが見にきてくださった
それ以来の再会でした。




やすこさんは普段
とても気さくで穏やかなお人柄ですが

写真のことになると、
一気にガッ!とスイッチが入って 
「 撮りたい 」という意思が
気持ちがいいくらいバンバンあふれ、
その情熱に 胸を打たれます。



それを物語るエピソードがあります。


時代が移り変わる中
いつのまにか失くなっていく街並み、家々、そこで働く職人さん、
「 私、はやく撮らないと…!」という気持ちにかられ、
仕事の合間に
朝・昼は街を、夕方は職人さんを
何年もかけてずっと 撮り続けていました。
職人さんに頼み込んで
何度も何度も通って。



『 写真は私の性(さが) 』 


ドクン…!
やすこさんが私にお話してくれた言葉。
趣味でも仕事でも、生きがいでもなくー

ピタリと言い当てた言葉だと思いました。



f0368718_22305267.jpg



今は 手の故障によって
大きな一眼レフカメラは使えなくなったものの、
コンパクトカメラで
これまでとはガラッと変わる作風で
新たな世界を魅せてくれます。

やすこさん独自の感覚で写す色彩と構図は
抽象的であったり、軽やかでとても楽しい。
私は、今の作品もとても好きです。



f0368718_16233150.jpg



実はやすこさん、同じ町のご近所さん。
再会してから
ときどき遊んでもらう
写真の大先輩であり、お友達。

『 なかなか目的地にたどり着けない 』
やすこさんの口癖。

目にするすべてに
やさしい眼差しと好奇心を注ぎ、

テクテク歩いては撮り、歩いては撮り、
歩いては撮り…


そこには、
写真を愛する姿がありました。



f0368718_18364055.jpg





写真は
能美根上駅付近を散策中。


・現在発売中の雑誌
『 チルチンびと 』「 金沢 このまちに生きる12人の女性たち」に
やすこさん撮影のお写真が載っています。64ページ⭐︎
・しいのき迎賓館ギャラリーにて グループ展
「 フォトセッション晨展 」 6.27〜7.2まで行われます。

ちなみに「 写真熱中人その1 」は私です ^^







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-30 00:00 |
f0368718_10334429.jpg


海外行きのパスポートは
未だ持っていないのに


ジャン!
いざ、芸術の国へ。


2017年の秋に珠洲市で催される
奥能登国際芸術祭のパスポート!
( 珠洲には人魚の伝説があるらしいです。)



金沢アートフォーラムに参加して、
ワクワクが加速し
発売初日に購入しました。


能登半島の先っちょにある過疎化が進む珠洲市は
「 さいはての地 」とも言われ、
いい意味で手つかずで「 素晴らしいもの 」が残っている。
そして、いろんな可能性を秘めていて、
「 最果て 」であり「 最先端 」であると。




芸術祭は
アート自体が目的でなく、

珠洲の豊かな自然・風土や
そこで生活する人々の営みの素晴らしさに、アートが溶け込み
新しい人、場所との出会い、交流が生まれる。

じいちゃま、ばあちゃまの住んでる町が元気になる。
訪れた人もその町が好きになる。

ほんとうの豊かさって?しあわせって?
そんなことを考え
みんなで幸せになれるお祭りを目指しています。





私、お客さんとしてはもちろん
ボランティアサポーターとして 現地へ向かいますー!


珠洲の美しい海や山、心豊かな人々
大好きな芸術、
そこで出会う一期一会のご縁を
たのしんできます〜(*^^*)



サポーターになったら、いろんな体験ができてめちゃくちゃ面白いよ! 』と
総合ディレクターの北川フラムさん。
応援団がグングンできています。ハイ、引き続き募集中だそうです⭐︎



『 奥能登国際芸術祭 』
会場:珠洲市全域
会期:2017年 9/3(日)〜 10/22(日)

では、秋にお祭り真っ盛りの珠洲でお会いしましょう\(^^)/!!







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-28 00:00 | 珠洲
f0368718_15052606.jpg



キレイ







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-20 00:00
f0368718_00583024.jpg


きょうのお弁当包みは、

とても好きな 型染作家
山崎菜穂子さんの作品。


まぶしい!
しかも りんご柄!

HAPPY気分・美味しさ倍増!



f0368718_16041165.jpg
f0368718_16080377.jpg



ハイ 赤もありますよ
ワーーーー!
お茶も一緒に のコースターも。

りんごの花咲く季節に、
こちらをパラリとひろげて
お弁当。

最高ですよ〜!




きっと
きょうはいい日。

朝から ヒコーキ雲4つも見たしね!
( 同じ空でつぎつぎと!!)








⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-19 00:00
f0368718_08340571.jpg


きょうはソフトクリームを食べよう。



写真は
大野の醤油ソフト




書きたいことをのびのびと
書いてる私
いいぞいいぞー!





⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-18 00:00
f0368718_23282877.jpg
f0368718_23284511.jpg
f0368718_23525934.jpg
f0368718_23280991.jpg
f0368718_23275124.jpg


ある淡い春の日
ふと目にしたDMに惹かれ、
ギャラリーミュゼさんへ

『 歌の中のうた 』 
 飯田咲祈 個展


描かれた作品が
空間に溶けこみ
とても気持ちのいい展示でした。




淡い色の中に
聖書の文字が描かれているのだそうです。


祈りがうたとなって
この空間を作っているのかな。



f0368718_00285894.jpg
f0368718_00431754.jpg


そのうたを静かに眺め
たのしみました ^^







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-17 00:00 | 作品展
f0368718_00300717.jpg


あつくなってきたし

喜八工房の「 三つ組の器 」de おそうめんとしますか!
いいねー! 
この器 コンパクトに入れ子になるんですってー



f0368718_10334343.jpg

そしてコチラ

「 鉄鉢 ナチュラル 」de おそうめんも! 
栓の木は軽く アウトドアにもいいねー!






はい、宣伝でした^^ 笑







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-16 00:00 |
f0368718_07050005.jpg




今回も
とっても素敵です!

『 白い街 黒い街 』 とくいあや作品展


会場を訪れると、

いのちを吹き込まれた
生き物たちが愉快にくらす
まさに街がありました。


f0368718_07050636.jpg
f0368718_12380556.jpg
f0368718_12374281.jpg



アニメーション映画のような世界です。

ひとつひとつ愛おしく
楽しい仕掛けがあって。
そして
そこには、あっと驚く
巨大なステキ生き物が…!

あとは、会場へ行ってからのお楽しみ^^

あやちゃんのワクワクしながら作った世界に
遊びにいってみませんか?


f0368718_12385470.jpg
f0368718_12384458.jpg
f0368718_15043081.jpg





『 初めてふくさとさんにおじゃました日の夜
  ドシン、ドシン!頭の中に旅する街がやってきました。
  今頃どこにいるのかなぁ…
  おかげで自分も、つくりながらいろんな旅ができました。』ーDMのことばより

ふくさとGallery 5/21まで



f0368718_16155462.jpg


一番すきな作品
神々しい守り神のよう。







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-15 00:00 | 作品展
五月、ある晴れた休日



県外から妹家族も帰省し、
珍しくファミリー全員が揃い
「 能登へ行こう! 」と。
 

家族で能登、
はじめてのことでした。 







キラキラと広がる青い海が見えて


「 キャーッ 最高! 」と絶好調で
カメラのシャッターを押したら…



ない!
ない!ない!
ない…!!!



まさかのカメラに入ってるはずの
コンパクトフラッシュがない!!





チーーーーーーーーーーーーーーーーーーン





家に忘れてきてしまった…_| ̄|○





今から始まるであろう楽しい光景、
久しぶりの甥っ子の姿、
内浦のおだやかな海と美しい景色、
牡蠣にバーベキュー…



はい、
撮れません!!





ダーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ


嘘だ…







写真撮るのを
最大に楽しみにきていた私、
ショックを隠しきれず放心状態 。。。




そんな私に
妹がこう言いました。



「 神様からのギフトなんじゃない。
  姉ちゃんいつも撮ってばっかりやし、
  せっかくだから
  今日は撮るのを休んで、
  五感で楽しんだら。」

 
「 こんな機会、自分だと作らないだろうし、
  普段気づけないものを感じることできていいと思うよ。
  よかったね〜^^!」と。







なるほど〜





たしかに、
写真に撮ることに夢中になって、
見てるはずの風景が
実は意外と見れていなかったり、
感じきれてなかったりすることがあります。



それは、
とてももったいないことかもしれません。



そのときの
目の前の光景を、
空気を、
全身でしっかり味わうことも
とても大事だなぁと。





ということで、

その日はカメラは完全なるアクセサリーと化し、
心のシャッターで
しあわせな光景を撮り続けたのでした ◎





はい、今回は写真なしの投稿です^^ OK







⭐︎⭐︎

[PR]
by akamusemum123 | 2017-05-10 00:00
←menuへ